So-net無料ブログ作成
検索選択
■本&映画 ブログトップ
前の5件 | -

桜の樹の。 [■本&映画]

 
 


13628090333_34113b67b4_m.jpg
05 de Abril do 2014 / @manuelfreiria




              毎年この時期になると狂いたくなるの~~
              桜の樹の下で泣きながらお酒を飲むのよ…。


              そして…思うの~
              狂いたいって

              いっそ
              狂ってしまいたい…って。




**************




m_8583242354_31544f9b85_m.jpg
      
              さぁ
              今日は有名なお話よっ
              桜の樹の下のお話…。

              
Cherry Blossoms / Werwin15




                ふぅ……

                いっそ…。










456521048_f8ecb2d734_m.jpg

  「桜の樹の下」…

   そこには屍体が
   埋まっているの…。


sakura 5528 someiyoshino 桜薄暗染井吉野 / **jpg


2312705616_5e8000be10_m.jpg
              これはどうやら
              …
              梶井基次郎の短編小説
              『櫻の樹の下には』から
              きているらしいわ
     
Japanese dolls / enmoto




   (Wikipediaより)
   『櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)は梶井基次郎の短編小説。散文詩と見
   なされることもある。1928年(昭和3年)季刊誌『詩と詩論 第二冊』12月号に掲載。
   1931年(昭和6年)5月に武蔵野書院より刊行された作品集『檸檬』に収録された。
   現行版は新潮文庫『檸檬』ちくま文庫『梶井基次郎全集全一巻』などに収録され重版
   されている。
   本作は「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という冒頭文に始まり話者の「俺」
   が聞き手の「お前」に語りかけるという手法で描かれている。美に醜を対置し美のう
   ちに「惨劇」を見出すデカダンスの美意識とその心理を梶井作品には珍しくかなり強
   いイメージの比喩をたっぷり使い、語り口調を交えた短い四つの断章(刊行本収録時
   には最終章は削除)で構成された作品である。




6904893938_0997050cd5_m.jpg
        梶井基次郎は
        「弘川寺の西行桜」
        (桜の下で死にたいって願っていた西行)…
        をもとに     
        『桜の樹の下には』を書いたんですって。

DSCF8538 / mossygajud
        引用してみるね!?





     『桜の樹の下には』 梶井基次郎

      桜の樹の下には屍体が埋まっている!
      これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲
     くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、
     この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。 桜の樹の下
     には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

      どうして俺が毎晩家へ帰って来る道で、俺の部屋の数ある道具のうちの、
     選りに選ってちっぽけな薄っぺらいもの、安全剃刀の刃なんぞが、千里眼
     のように思い浮かんで来るのか――おまえはそれがわからないと言ったが
     ――そして俺にもやはりそれがわからないのだが――それもこれもやっぱり
     同じようなことにちがいない。(中略)


      しかし、俺はいまやっとわかった。
      おまえ、この爛漫と咲き乱れている桜の樹の下へ、一つ一つ屍体が埋ま
     っていると想像してみるがいい。何が俺をそんなに不安にしていたかがおま
     えには納得がいくだろう。
      馬のような屍体、犬猫のような屍体、そして人間のような屍体、屍体はみ
     な腐爛して蛆が湧き、堪らなく臭い。それでいて水晶のような液をたらたらと
     たらしている。桜の根は貪婪な蛸のように、それを抱きかかえ、いそぎんちゃ
     くの食糸のような毛根を聚めて、その液体を吸っている。
      何があんな花弁を作り、何があんな蕊を作っているのか、俺は毛根の
     吸いあげる水晶のような液が、静かな行列を作って、維管束のなかを夢の
     ようにあがってゆくのが見えるようだ。 (後略)
      


6924500346_37e6065830_m.jpg



             どぉお~~!?
             素敵じゃない!?


Sakura [IMG_7200ks] / taka_suzuki

            



       ある人はね……
       この「桜の樹の下に屍体が埋まっている」ってことに
       こんな風におっしゃるの~~っ

       「京都の先の戦(応仁の乱)のときたくさんの戦死者がでた。
       その死体を当時の市街地からそう遠くない山中(今の市街地外周)
       弔うために死体を埋め供養した。
       桜は日本人の魂であり、散るときの華やかさ、潔さが
       侍魂の象徴であったことから、
       死体を埋めた目印として桜を植えたと言われている」




7060261529_877bd61d16_m.jpg
    また
    「死体を埋めることで、
    桜の木が強くなると
    信じられて行われてた
    江戸時代の風習なんだそうだ。」
    とも…。
Cherry blossom / Imahinasyon Photography




    それからある人も言うわ~
    「美しいものは美しいと皆に讃えられる。
    反面、美しいものは常にそうでないものからの嫉妬を受ける。
    これは人情というものだ、仕方がない。
    『桜の木の下に死体が埋まっている』なんて都市伝説
    は意外とその辺から来てるんじゃないかと思う。450157812_5f21b51769_m.jpg
    だが、少なくとも自分からすれば、美しいものはそう
    いった感情を内包しての美しさがあると思うので、は
    っきり言って逆効果であると言える。
    人々の嫉妬を受け、美しいものがひどい扱いを受けれ
    ば受けるほど、美しいものの持つ凛としたものが際立
    つように感じる。」
Sakura (Cherry Blossom) / Hyougushi









              よく
              散り際が美しいって言うでしょ!?
              あたしも…きっと
              潔く散ることが出来ると思うの~~っ


              えぇっ!?
              「もぉ散ってるんじゃないか!?」って!?


              ふふぅ…

              かもね…

              

95679827_9f0b57271b_m.jpg
Doll face / Stewart





■ ■ ■







共通テーマ:音楽

くわばらくわばら [■本&映画]

  
 

m_mm_mm_2553804340_44a59cf3e1_m.jpg
Lightning over Short Hill Mountain / kcdsTM



            いつも「聴き間違い」ばっかりのあたしだけど…

            これは……
            聴き間違いじゃぁ…無いわよねっ!? 

            うふふふ。

 
mm_5472852353_6c74ddc82f_m.jpg
Lightning over the Koolaus / madmarv00




************************








    「不思議な日本語」って本があるの~
     (ず~っと前にデーモン小暮がテレビで面白いって言ってて読んでみた~)

ダウンロード.jpg
    そこには日本語のあらゆる言葉は
    『古朝鮮語』が元になっていると
    説いているわ。(げげっ)


    たとえば…古事記とかの
    日本語だと説明のつかない言葉も
    『古朝鮮語』に照らし合わせると解明できるらしい[考えてる顔]





      「のっぽ」とか
      「甘えん坊」とかの

      「ぽ」とか「ぼ」っていうのとか

      「かっぽれ」も
      『古朝鮮語』なら
       意味があるという…







13436814_5fd469ae32_m.jpg


         中でも
         何かが起きた時とか

         が落ちたりしたとき


Denver Lightning / dagpeak



      「くわばらくわばら!」


       って唱えるのも



15438256202_7af49f236c_m.jpg
    日本語では説明がつかないけれど
    ……
    『古朝鮮語』の「クバジャ(かな!?)」とかって
    言葉からきているって考えれば
    容易に説明がつくという……。

lightning-storm-clouds-lake.jpg / r.nial.bradshaw









61t036vMcRL._AA160_.jpg
    さて――それをふまえて――


    ある日…
    あたしは新潟の有名なお煎餅屋さんに
    法事のお返しを注文したの~




images.jpg
           お電話口の方に不幸があったことを伝えて 
           セットを選んだり配送の手配をしたりして…


           その方が本当にご親切で
           丁重に扱ってくださる。








       すると
       最後に
  
       そのお電話口の女性が……


      「…く わ ば ら…」って

       おっしゃったの~っ!!!







18648457451_612f5b8362_m.jpg

             『古朝鮮語』の本を
             読み終えたばかりの私は
             超びっくりしちゃって…


IMG_0333.-0JPG / ichidoru



               えっ!?
               えええっ???

               とっ、唱えてくださってるの!?




6249142816_fd797655ba_m.jpg     いやいや…新潟のほうの方言で
     特別な意味があるのかも!?

     それともなにか宗教的な意味があるの!?

     不幸があったことを伝えたから
     祈ってくださっているのかな!?
能面 / ☆SANGANO☆









             どきどき…

             どき どき どき……


18619804586_2e88f67422_m.jpg

          あっ…あたしも

          「く わ ば ら」って

          返したほうがいいのかな!? 


CIMG3191 / ichidoru





              あぁ 
              あぁ 

              あぁ…

              どっ、どうしよう 



              言ってみようかな…



              「…っっ・・・・・」



              って口に出そうとした 

              その時っ!!!




              「っと申します!!」って





  


               桑原さんだったのねぇ……





3997624484_32b1e30e91_m.jpg
Morning Lightning Strike in Singapore / rooymans2000








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





Nat King Cole - Smoke Get's In Your Eyes...


……花子。 [■本&映画]

 
 
 
 

5598878855.jpg
 
 
             わてぇは
             高知の侠客『鬼龍院政五郎』の…
             『鬼政』の娘じゃき

             なめたら…

             なめたらいかんぜよっ




        



*****************





5554777865.jpg     
      夏目雅子演じる松恵のこの台詞で
      大評判だった「鬼龍院花子の生涯」…。

      原作は宮尾登美子
      そして五社英雄が監督を務めたわ~

      土佐の鬼政こと鬼龍院政五郎と
      彼が溺愛した妾の娘・花子の生涯を描いているの。




・・・・・・・・・・・・ 鬼龍院花子の生涯(Wikipediaより) ・・・・・・・・・・・

  大正十年、松恵は土佐の大親分・鬼龍院政五郎の養女となった。松恵は政五郎の身の回りの世話を命じら
  れたが、鬼龍院家では主屋には正妻の歌が住み、向い家には妾の牡丹と笑若が囲われており、その向い家
  に政五郎が出向く日を妾二人に伝えるのも幼い松恵の役割りだった。
  ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行った。そこで漁師の兼松と赤岡の顔役・末
  長の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったが、末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手
  段に出た。怒った政五郎は赤岡に出むいたが、末長は姿を隠していた。帰りぎわ、政五郎は末長の女房・
  秋尾の料亭からつるという娘を掠奪した。この確執に、大財閥の須田が仲裁に入り一応の決着はついたが、
  以来、政五郎と末長は事あるごとに対立することになる。
  これが機縁となってつるは政五郎の妾となり、鬼篭院の女たちと対立しながら翌年、女児を産んだ。花子
  と名付けられ、政五郎はその子を溺愛した。勉強を続けていた松恵は、女学校に入学した。昭和九年、土
  佐電鉄はストライキの嵐にみまわれ、筆頭株主である須田の命を受けた政五郎はスト潰しに出かけた。そ
  こで政五郎はストを支援に来ていた高校教師の田辺恭介と知り合い意気投合、須田から絶縁されるハメに
  陥った。だが政五郎は意気軒昂、田辺を十六歳になった花子の婿にし一家を継がせようとしたが、獄中に
  面接に行かされた小学校の先生となっていた松恵と田辺はお互いに愛し合うようになっていた。
  やがて出所した田辺は政五郎に松恵との結婚を申し出、怒った政五郎は田辺の小指を斬り落とさせた。そ
  して数日後、政五郎に挑みかかられた松恵は死を決して抵抗、転勤を申し出、鬼龍院家を出た。
  十六歳になった花子と神戸・山根組との縁談が整い、その宴の席で歌が倒れた。腸チフスだった。松恵の
  必死の看病も虚しく歌は死んだ。
  松恵は再び家を出、大阪で労働運動に身を投じている田辺と一緒に生活するようになった。だが、花子の
  婚約者がヤクザ同士の喧嘩で殺されたのを機に、田辺と共に鬼龍院家に戻った。南京陥落の提灯行列がに
  ぎわう夜、花子が末長に拉致され、これを救おうとした田辺も殺された。政五郎が末長に殴り込みをかけ
  たのはその夜のうちだった。それから二年後、政五郎は獄中で死んだ。
  そして数年後、松恵がやっと消息を知り大阪のうらぶれた娼家に花子を訪ねた時、花子も帰らぬ人となっ
  ていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





555698744485.jpg     さて…
     ここで問題になるのが
     この映画のタイトル「鬼龍院花子の生涯」なんだけど
     映画では夏目雅子演じる「松恵」が主役だけれど
     夏目雅子は「鬼龍院花子」ではないじゃない!?
     (この冒頭の「なめたらいかんぜよ」も原作には無いんですって!!)





mm_images-9918d.jpg
     高杉かほり演じる「鬼龍院花子」(林田花子)は
     鬼龍院政五郎とその愛人・つるとの間に生まれた娘で
     わがまま三昧に育ち、政五郎の子分たちも手を焼いているの。

     義理の姉である松恵を姉と思ったことはなくて
     いつも無視しているし…。







5445447854.jpg
        (テレビドラマのほうは見ていないんだけど)
        映画ではちょっと頭のほうが○りない感じ!?
        って言うよりは…
        「色○ちがい」みたいって
        思っちゃったんだけど…





ダウンロード.jpg  けど……
  それはそれで妙な色気があるわよね~!?

  簡単にツイていっちゃうの~

  きっと「どんなこと」!?も
  拒まないんじゃないかしらぁ…





        
     そんな花子だからってワケじゃないけど…
     その後歌舞伎役者に騙されて恋に落ちる…
     その恋こそが
     一家を破滅に導いてしまうの~


     それは…
     「花子が抗争相手に拉致され政五郎が
     花子を救いに行く。
     単身乗り込んで行く政五郎は相手の親分を殺し
     さらに花子を探すが、
     当の花子は相手の男と出来ていたのだった…。」

     やっぱりねぇ…。





 


  あるサイトによると
  「この高杉かほりはとにかく不細工。
  まるで魅力が無い。
  とっととブラウン管から
  姿を消してもらいたい存在であり、
  うざったいだけの存在」
  って…散々なんだけど

5556222548.jpg
   あたしは結構魅力的だと思うわぁ


      この「パァ」っぽさを
      演じられる女優は
      それほど多くはないと思うの






              きっと…
              花子は幸せだったのよ

              そうよ…そうよ
              幸せだったのよ










             あたしも
             いっそ…

             パァになってみたいわ~



             男のなすがままのパァに…。
             あたしの場合は知識と教養が邪魔をして(!?)
             とても奔放にはなれないけど…
             お~っほっほほほ
             (違うだろっ!?あたしっ!!ぷっ)






『鬼龍院花子の生涯』 予告編

こつまなんきんⅡ [■本&映画]

 
 
 
 

530469688_e6e0c438ab_m.jpg
mask / das Pedro

 
 
               『こつまなんきん』…
               『こつまなんきん』って…
               なにかしらぁ……

               こまつじゃないのよこつまなの


               ふつうに小さく呟いてみるわ~

               次に…
               逆から読んでみるの~~

               あああぁん



               って…
               ほんとはね…
               漢字で書くと「勝間南瓜」って
               野菜の名前なんですって…

               嵯峨美智子の代表作に挙げられる
               映画のタイトルのようよ~~

               ただ…
               嵯峨美智子を調べるうちに
               なんども出て来るし…
               意味もわからないけど…
               なんだかイケない言葉のようで…
               ワザと
               何度も言ってみるの~~

               ひらがなで表記された「こつまなんきん」…

               なんだか…卑猥なような 
               …淫靡な感じで…


               ふぅん~~
               野菜なの…!?

               つまんない……


               けど…
               「こつまなんきん」って


               すんごいインパクトじゃね!? ぷっ。

               さぁ…続きイクわね~











2039187418_39c55a1244_m.jpg       嵯峨美智子は若いころから
       整形手術を繰り返していたようなの…
       整形のことはインタビューでも明かしているわ。



        そんな彼女を指して
        三島由紀夫が言ったんですって
        「どんなに整形しようが、
        美女には美女の宿命があり、
        醜女には醜女の宿命がある。」って。

Mask / McPig




   山田五十鈴はもちろんお父さまの月田一郎って俳優も
   綺麗な人だったみたいだから
   娘の嵯峨美智子は整形しなくてもとても美しかったの~

   けど…彼女が整形を繰返していたには
   理由があったらしいわ~~


   それは…
   「自分の母親似の顔立ちを嫌って…」!!

   そこには山田五十鈴との深い確執があって…。


   彼女が誕生してほどなく両親は離婚するわ
   美智子は父親・月田の元で成長することになるの~
   母山田五十鈴は「大女優」の名を得て女優業に専念し育児も放棄状態。
   男性遍歴を肥やしに大女優になったらしい山田五十鈴は
   女優に専念するあまり夫の元にも戻ることもなく
   いつしか嵯峨美智子には「母親の山田は自分を捨てたのだ」という
   トラウマがつきまとったようなの

saga1.jpg
      多分そんなこんなから母を憎んで
      「自分の母親似の顔立ちを嫌って…」
      整形を繰り返していたのね…

      なんてことっ!!





     ここに30歳以降のことが詳しいの…。

     (あるサイトから引用させていただくと…)
     41年、30歳の時フリーになるが元マネージャーとの金銭的トラブル発生。 銭勘定
     に疎い゙役者バガの弱点をつかれる。42年安藤昇との交際が始まったがこの頃は
     酒と薬に溺れて仕事も満足に出来ない状態だったようだ。 45年安藤昇の浮気を
     咎め別を告げる。しかし生活は窮地に陥った。

     彼女はひたすら大女優であるママの名を傷つける事を恐れる。 同居していた付
     き人のH(女性)が次第に瑳峨を牛耳るようになる。瑳峨の山田への遠慮と薬物中
     毒を利用しHの故郷岡山でクラブ勤めをさせる。47~48年のことである。このころ
     後に瑳峨を助けた高月イト子女史に出会う。 48年Hが瑳峨のマネージャーO(女
     性)が 付き人となってテレビのワイドショー番組などに出演。 しかしその頃は「女
     3人のミニ専制国家」で瑳峨は薬を餌に操られる奴隷と化していた。実情を知らぬ
     山田五十鈴のはからいで50年、51年とテレビドラマや舞台にも出演したがギャラ
     は瑳峨を素通りしてHとOに吸い上げられ薬物中毒から逃れられぬ瑳峨は「格子
     なき牢獄」の生活を続けていた。

     51年秋再会した高月女史に瑳峨は全てを打ち明け救出を哀願する。 高月は瑳峨
     の姪千春と協力して瑳峨を脱出させるが薬の切れた瑳峨は地獄の苦しみ。 救急
     車で東京女子医大に入院させたが薬物中毒と極度の栄養失調で瀕死の重体。
     Hが現れ高月に罪をなすりつける。 山田も駆けつけHの言葉を信用した病院と東
     宝関係者は高月を排除。 瑳峨を隠す。

     約1年半の入院で回復した瑳峨は渡米。 Mrsレインや林秀子女史の世話になりシカ
     ゴ郊外で約6年間過ごし58年帰国。 すっかり回復した瑳峨は京都にマンションを借
     り高月とも再会。 山田も高月に誤解を詫びた。 瑳峨は東本願寺で1年間親鸞の勉
     強をし初級説教師の免状をとる。





4240589145_d5d5255834_m.jpg
   凄いでしょ!?

   ってか…
   安藤昇……

   ぎゃあああああああ

mask / jerik0ne
                     あたしの大好きな
                     「男が死んでゆくときに」
                     じゃないのっ
                     (tamanossimo記事『男が死んで行く時に』





   その恋を語るのに
   わかりやすいエピソードをひとつ…。

   美智子は森美樹との死別、岡田真澄との婚約解消を経て、
   病的な男性遍歴を繰り返すことになるらしいわ~

   市川雷蔵が彼女に誘惑されたことなどを自伝で書いていて
   床山さんなど近い男性スタッフに対する逆セクハラも
   大変だったらしい。
   (彼女の顔を作る床山さんは、股間に伸びてくる彼女の手に身をよじり、
   筆先滑らしては慌てるというご苦労な毎日であった。
   撮影所でささやかれた彼女の男遍歴、それはまるで男漁りのようにきこえた )

   雷蔵は「いい女優なのに、男好きが災いしなければいいが」と
   その中で心配している。







284624541_eef96cde30_m.jpg        さて…
        「こつまなんきん」……

        「こつまなんきん」ってね…
        「勝間南瓜」って書く小型の南瓜でとくに
        河内地方では、小柄でぽっちゃりした可愛い女性を
        「こつまなんきん」と呼ぶんだそうよ
        (別の意味で「味が良い女」とも…
        「しまる」という意味もあるんですって)

        ぎゅううぅ~
        …って……
Masks / tallkev


        やっぱそっちなの~っ!?
        きゃはは




            『こつまなんきん』
            大阪・河内地方に生まれ育った女の奔放な愛欲生活を描いた今東光
            原作の映画化。
            教祖商売から易者、寄席の舞台に立つ芸人と次々と職を変えて成長
            していく河内の女・お市。その先々で、男からの誘いを受けては裏
            切られていく。骨太の女性映画。


images-1.jpeg
          この映画の中で嵯峨美智子が
          白い肌襦袢一枚で滝に打たれる
          シーンがあるんですって
          このシーンが評論家の間でも
                 話題になったらしくて…



          猪俣勝人・田山力哉共著『日本映画 俳優全史女優編』には
          『彼女の可憐なエロティシズムを大胆に見せつけて観客の
          息をのませた・・・
          桃色の肌に乳房のかたちまではっきりと浮き上がって
          それは後のポルノ映画よりもはるかに色気いっぱいの画面
          であった』
          と書かれているとか…。






k1518849011.jpg




                 どぉ~~っ!?

                 皆さまも
                 そっと…
                 呟いてご覧になってはいかがかしら!?



                 『こつまなんきん』……














 再度「男が死んでゆくときに」を…

こつまなんきんⅠ [■本&映画]



 
 

3383158977_a5ba215d61_m.jpg
Mask / Juliana Coutinho


お知らせ~♪
ここのところ、毎日のように検索されている
この『こつまなんきん』…
ⅠとⅡの2回に渡って再びお届けします~

すんごく面白いから(自分で言うな~!?)
読んでねっ



2263741204_5f60199796_m.jpg
dead flowers / oliver.dodd









          たくさん恋をしてきたわ。
          けど…きっと……誰のことも愛さなかったの…
          生き方が刹那的で破滅的だからね…。
          恋愛だっていつも壊すことばっかり考えてた…

          器用に生きてるふりの不器用な馬鹿女…
          それが…あたしねっ!?
          だから…こんな風になっちゃったのよ…

          まっ、いっかぁ…


          さぁ…あたしの事はこれくらいにして…
          お約束の(待ってないって!? いやん~~)『瑳峨 三智子』いくわ~っ






   ****************


   広告代理店にお勤めしていた頃
   藤木さんご夫妻の他に
   仲良しにして頂いていたSachiさまっていらしたの~
   (業界人Zの冒険・跳ぶ人・キレイと言われて。)
4162463209_e9f364492f_m.jpg
   しょっちゅう飲みに連れて行って頂くうちに
   あたしが
   「あたし…すっごく刹那的なんです」って言ったら
   Sachiさまも
   「わたしもそうよっ!!むしろ破滅型っ」
   って二人で笑ったの~~
sad flower / fRandi-Shooters

   たしかにSachiさまには
   なにか…そんな気配を感じたものよ…




6554512563.jpg
   今回…嵯峨美智子を調べていて
   外から見れば破滅的な感じのする嵯峨美智子も
   可愛い女性らしい女性だったんじゃないか…って
   思い始めて…。

   ふっと…Sachiさまやあたしの生き方に
   思いを馳せたってワケっ!!



               ごめんなさい…また
               話がそれちゃって…ふふぅ








k1518849011.jpg
     そう…
     あれは…あたしが中学生の頃だったかしら…!?
     テレビで映画をやっていたの~~
   
     あたしは一目でこの女優のとりこになってしまって。
     慌てて近くにいたままに聞いたの~

     「まま~っ
     この人は…なんて人!?」

               ままは教えてくれたわ~

               「あぁ…嵯峨美智子ねっ
               山田五十鈴の娘よ~」って。




51dVODh9n0L._AA180_.jpg
      あたしの記憶では…
      『蛇女』みたいな役だった気がしたんだけど
      調べても「らしき」映画タイトルはあるんだけど
      時代劇じゃなかったような…

      きっとなにかと勘違いしてるのね…







images.jpeg     あとにも先にも
     あたしが嵯峨美智子を画面で見たのも
     この一度きりで…

     真っ白から調べてみたの~~





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    嵯峨美智子(さが みちこ1935年3月1日 -1992年8月19日)
    女優。俳優・月田一郎と 女優・山田五十鈴 との間の一人娘。 京都府京都 市出身。相模
    女子大学文学部中退。1952年9月東映に入社し、嵯峨美智子(瑳峨三智子に改名)の芸
    名で女優デビュー。デ ビュー後既に離婚していた母・五十鈴と十数年ぶりに対面したが
    「山田さん」と呼んで周囲を驚かせたといわれる。1956年に松竹移籍。母・五十鈴譲り
    の妖艶な色気と演技力で人気を得た。1962年、俳優の岡田眞澄と婚約したが、結婚に至
    らず2年後に解消。
    その後、金銭トラブルや薬物中毒などたびたびトラブルを起こし、芸能界復帰と失踪を
    何度も繰り返した。俳優の森美樹とのラブロマンスもあったが、ガス中毒による彼の急
    死により悲劇となった。
    1992年8月19日滞在先のタイのバンコクでクモ膜下出血のため死去。57歳没。瀬戸内
    晴美の小説『女優』は、瑳峨をモデルにした作品である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







               どぉお!?
               これまた興味津津って感じでしょ!?


               長くなりそうなので続いてもよろしくって!?


               次回はいよいよ
               その作品の中からタイトルの
               「こつまなんきん」と
               彼女の恋と整形にもふれてみたいの~~

               楽しみにしてらしてね…


3988628385_7ab335e528_m.jpg
Mask / califrayray










 「河内音頭 勝新太郎」 動画もほとんど無くて…。途中二度ほどちらりと。

前の5件 | - ■本&映画 ブログトップ